読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simp1e is 6est、目指せミニマリスト。

シンプルな生活、ミニマルな生活を目指します。

トレーニング始めました

以前していた1ヶ月チャレンジ。

2月ごろに一人暮らしを始めてからはやめてしまっていました。

もちろんそれだけが理由ではありませんが、久々に体重計に乗ると恐ろしい数字が。

 

 

 

+5kg

年末に実家で測った当時からの増加量。

171cm(サバ読み)の身長にしては体重自体は軽いのですが、太ると全てアゴとお腹周りに肉付いてしまいます。

 

これはやばい!

ということで、トレーニング再開。

 

 

 

SIX pack

というアプリを見つけました。

https://appsto.re/jp/DNv4O.i

 

タイトルの通り、腹筋特化のプログラム。

2-4種の腹筋×2-3セットを、毎日少しずつ回数を増やしながらトレーニングします。

 

1ヶ月程度経過して、今はこんな感じ。

f:id:simp1eis6est:20170430162807p:image

 

今日ノルマは、4種目×34回×2セットでした。

 

 

 

続けやすい

このアプリ、比較的続けやすいです。

  1. セットの間に休憩がある
  2. アラートでトレーニング時間を知らせてくれる
  3. 休息日がある
  4. 音声とビデオのアナウンスがある

 

特に気に入っているのが、1と4。

ビデオで実際の動きを理解して、音声の読み上げに合わせたペースでトレーニングすることで「早くするだけの無駄なトレーニング」にはならないように感じます。

また、休憩もしっかりあるのが嬉しいところ。

 

 

 

少しずつダイエット

今の所はこのトレーニングと、片道3kmの通勤を歩いている程度。

それでも何もしないよりは健康的なので、食生活にも気を配って少しずつダイエットしたいと思います。

お別れ

春、出会いと別れの季節。

思い切って捨てるのではなく、使い切って捨てたものたちがあります。

 

 

 

鎌倉シャツ

一昨年の9/13に購入した、鎌倉シャツ

淡いピンクは初めて着ましたが、たくさんの人に褒めてもらえました。

ニット素材でアイロン不要なところが大好きでした。

 

季節問わず着倒した結果、襟袖だけでなく肘の内側にも黄ばみが。

一昨日から始まった大分〜岡山出張を最後に、さよならします。

 

 

 

ポールスミス展のイヤホン

ピンク色のイヤホンをずっと使っていました。

昨年7/15に行ったポールスミス展in京都で、音声ガイダンスの際に利用したものです。

 

耳元で囁く松田翔太が今でも忘れられません。

シンプルでおしゃれなイヤホンですが、ノベルティ的なものなので耐久性がありませんでした。

 

それでも10ヶ月間、移動時を華やかにしてくれていたので満足です。

 

 

 

使い切る快感

思い切って捨てることはあっても、使い切って捨てることはほとんどありませんでした。

手に入れた日、使った場所、過ごした時間が思い出せるほど使い込んだので、未練よりも思い出がたくさんあります。

 

きっと買うであろう次のシャツやイヤホンも、そうありますように。

一人暮らし、その8

もうすぐ三ヶ月が経過する一人暮らし。

生活サイクルにも慣れて来ました。

 

 

 

テレビもねぇ

テレビを買っていないので、部屋は広々。

ただ娯楽がなさすぎるので、DVDプレーヤーやタブレットをプロジェクターにつけて使っています。

f:id:simp1eis6est:20170416171057j:image

 

…と記事にしようと思ったきっかけは、おふみさんのこの記事。

http://mount-hayashi.hatenablog.com/entry/2017/04/12/222747

 

プロジェクターはこちらを使っています。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00WT738XS/ref=yo_ii_img?ie=UTF8&psc=1

 

 

 

情報源もねぇ

テレビがない難点は、ニュースが見れないので世相についていけないこと。

ニュースくらい携帯でいくらでも見れるはずなんですが、なぜかそこまではしません。

 

そこで、日経電子版の購読を始めました。

なんとか世の中の動きについて行きたいです。

一人暮らし、その7

一人暮らしも板についてきました。

と言いつつしばらく自炊できていなかったため、今日から改めて頑張ります。

クックパッドは正義。

 

 

 

配置換え

部屋の配置換えをしました。

具体的には、レンジをコンロ下の本来1ドア冷蔵庫があったであろう空間に移動。

 

その理由はこちら。

f:id:simp1eis6est:20170410234007j:image

 

 

 

充実のコーヒータイム

姉が誕生日プレゼントにバリスタをくれたので、部屋をおしゃれに変えてみました。

 

カフェスペース的な空間の出来上がり。

f:id:simp1eis6est:20170410234102j:image

 

他には、誕生日にもらった花束に毎日癒されていたため、枯れてしまったタイミングで新しく切花を買いました。

f:id:simp1eis6est:20170410234150j:image

 

少しずつ充実してきた気がする一人暮らし。

もっともっといい環境にしたいです。

粗を落とす

昨日29歳になりました。

ハッピーバースデーわたし、ありがとうわたし。

f:id:simp1eis6est:20170327073716j:image

彩り豊かな花束を頂きました。

心もお部屋もカラフル。

 

 

 

ルール

30歳までの1年間。

誕生日や年始は目標を立てていましたが、思えば達成したことはありません。

 

29歳は2つだけ、自分にルールを課したいと思います。

 

 

 

1.1分を惜しまない

1分の作業は、惜しまない。

 

朝起きたとき、枕元のほうきで掃除すること。

掛け布団をしまって、きちんとソファベッドにすること。

前日履いた靴は、翌朝シューツリーを入れてブラッシングしてからしまうこと。

食後は、シンクに持って行った流れで洗い物すること。

 

どれも1分あればできるのに、それだけに「あとでいいや」「明日でいいや」となっていました。

なので、1分を惜しまない。

時間がなくても、作業は1分。

それが惜しいなら早く起きて、早く動くようにします。

 

 

 

2.毎日着たい服を買う

服は、この2年くらい減らしてきました。

なのに冷静に考えると、2年前どころか1年前とはワードローブが変わっています。

 

傷んで買い換えるのはよし。

けれど、やっぱり「安いから」「何にでも合うから」「好きなブランドだから」といった理由で買ったものが多い。

自覚していましたが、再認識しました。

 

「明日も着たい、けど洗濯するから明日はこっちを着よう」という感覚。

服を買った翌日に我慢できずに早速下ろすイメージ。

その感覚で1年を過ごします。

 

 

 

20代最後

気付けば20代最後の歳。

アラサーからサーに向けて、粗を落とす1年にしたいです。

(とかうまいこと言おうとして言えないところに歳を感じる)