読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simp1e is 6est、目指せミニマリスト。

シンプルな生活、ミニマルな生活を目指します。

2016年4月21日時点のワードローブ。

実質初めての記事、ご覧いただき有り難うございます。アキラです。

これまで、一番物欲を発揮していたのは、服でした。

 

高校生の頃に興味を持ち、古着に手を出し始めました。

そこからはハイブランド、ドメスティックブランド、ヴィンテージ、パンク、アウトドア、スケーターと数々の服に手を出し、カニ漁師と呼ばれたりNANAのコスプレと言われたりしてきました。

 

 

現在のワードローブ

そんな私も数カ月前から「本当に気に入った服を着よう」と思うようになり、何度もワードローブを見直してきました。

今日現在のワードローブはこうなっています。

f:id:simp1eis6est:20160421181155j:plain

 

通年で、インナーを除いて全部で12着。

写真を取るとき、「これは…?」というものは省きました。

見直すきっかけのひとつです。

 

 

愛用の服たち

  1. UnitedAthle 半袖ポケットTシャツ(ネイビー)
  2. 鎌倉シャツ 長袖ニットシャツ(ピンク)
  3. WILBURN 長袖カットソー(アイボリー)
  4. ORCHIVAL 長袖バスクシャツ(アイボリー×ネイビー×レッド)
  5. RINEN 長袖クルーネックニット(レッド)
  6. CURLY トラックジャケット(ネイビー)
  7. UpscapeAudience グランアトリエコート(ネイビー)
  8. comoli タイロッケンコート(ネイビー)
  9. Sassafras フォールリーフスプレイヤーパンツ(アイボリー)
  10. Sassafras フォールリーフRパンツ(ネイビー)
  11. Gramicci ニューナローネルパンツ(ネイビー)
  12. 古着 グルカショーツ(ベージュ)

 

カラーはネイビーとベージュをメインに、差し色に赤。

薄いピンク色のシャツは、ベージュ~赤としています。

お気に入りなので。

 

パーソナルカラー診断を受けた結果スプリングだった私には、ぱきっとしたモノトーンは似合わないことに気付かされました。

それからはネイビーを主体にこんな感じです。

 

 

服を減らすと時間と喜びが増える

これだけ少ないと、朝迷う時間がありません。

洗濯できていれば選択できます。

嬉しいことに、「似合っている」「シュッとしている」と褒めてもらえることも増えました。

 

とはいえ夏に着る服が少ないこと、真冬がつらいこと、⑦がくたびれていたり、⑨が若干しっくりこないことだったりが気がかりです。

敬愛するミニマリスト エリサさん(http://erisaslife.net/)のように、【理想のワードローブ】を作って考えてみようと思います。

erisaslife.net

 

良いモノを探すのはもちろんですが、どうありたいか、どう見られたいかを意識することを忘れずに。

イマイチな服を着て、大事な時間にそわそわすることがないようにしたいと思います。