読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simp1e is 6est、目指せミニマリスト。

シンプルな生活、ミニマルな生活を目指します。

iPhoneもミニマルに。

3GSからのiPhoneユーザー、アキラです。

今はiPhone6plusを使っています。
いつも身に付けて、一緒に過ごしてきたiPhone
デジタル・デトックスをきっかけに、iPhoneもシンプルにしてみました。

 

 
 

ホーム画面をシンプルに

エリサさんの著書「トランクひとつのモノで暮らす」を参考に、シンプルなホーム画面を目指しました。
 
iPhoneが脱獄できる時は不要なアプリを非表示にしてランチャーにまとめて…としていましたが、今はiOSの関係でできません。
なので、こんな感じにまとめました。
f:id:simp1eis6est:20160422140703p:image
 
  1. ドックのアプリは2つだけにする
  2. ホーム画面1ページ目は何も置かず、2ページ目にフォルダを置く
  3. フォルダの中身はよく使うものを色別に
  4. フォルダ名は「.(ドット)」にして目立たなくする
1.から3.が、エリサさんが紹介されていた方法です。
 
まずは1.から。
デジタルに触れる機会を意識して絞りたい、触れる時は有益なものにしたいのでドックはインプットとしての電子書籍アプリ、アウトプットとしてのはてなブログアプリにしました。
以前は電話・メッセージ・LINE・evernoteでしたが、使う頻度より使う目的に照準を合わせることに。
最初は電子書籍アプリだけでしたが、アウトプットも大事にしたいので2つにしました。
 
2.は参考にしたものの、それを生かす壁紙にまだ変えられていません。
自分にやる気を出させる言葉や画像、好きな場所の写真など、いろいろ考えています。
フォルダとの親和性も大切に、自分らしいものにしたいな。
 
3.をすることで、何がどこにあるかすぐに分かるようになりました。
緑アイコンを集めたフォルダの中身は、本当によく使うツールたち。
電話、メッセージ、LINE、evernote、GoogleMap、スキャナアプリです。
白アイコンを集めたフォルダは、写真やchromeなど。
このフォルダの2ページ目以降にその他の色のあまり使わないアプリを入れています。
 
4.は以前からのこだわり。
文字があるとなんとなくそわそわするので、極力目立たないようにしています。
 
 
 

使い方もミニマルに

見た目だけではなくて、使い方もミニマルにしようと思います。

これこそデジタル・デトックス。

  1. 歩きスマホをやめる
  2. 信号の待ち時間にiphoneを触らない
  3. 誰かと連絡を取る以外は、読書かブログの下書きのみにする
  4. 手持ち無沙汰を楽しむ

1.や2.は、ついついやってしまっていたこと。

危ないですし、それよりは景色や道行く人を見て、いろいろと感じたいです。

 

3.は、以前までの用途の9割を占めていたブラウジングを控えるため。

フォルダにいれるだけで、面倒で触らなくなりました。

Instagramもまだインストールしていません。

読書については、別の記事で。

 

4.は、これ事態がミニマル化の総評かも知れません。

手が空いているから、暇だから、そんな理由でiphoneを触らない。

連絡を取りたい、何かを書き留めたい、読書をしたい…そんな目的があるときだけ触るようにして、もっと「余裕のある自分」を楽しみたいです。

 

最終的には本体もミニマルにしたい

タイミングが来たら、4インチのiPhoneSEに機種変更したいです。

インカメラが弱い、3DTouchが無いなど最新機種に劣る面もありますが、用途を絞って使用頻度が下がれば十分なはず。

画面が小さくなることでできるポケットの隙間、スマートさを楽しみたいものです。