読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simp1e is 6est、目指せミニマリスト。

シンプルな生活、ミニマルな生活を目指します。

宿泊先で洗濯する。

ミニマリスト

無事出張2日目を迎えています。

アキラです。

 

 

 

 

シャツのシミ抜き

今回は荷物をミニマルにすることを目標としていたため、1日目のシャツを手洗いして2日目も着用することに決めていました。

が、シャツの前身頃に想定外のシミが。

f:id:simp1eis6est:20160615105440j:image

なにか食べ物をこぼしていたようです。

よくあるので、シミ抜きも合わせて対処。

 

使うのはホテル備え付けのタオルと、コンビニで恥じらいながら購入したクレンジングオイルです。

f:id:simp1eis6est:20160615105447j:image

 

タオルに少量のクレンジングオイルをつけて、内側にタオルをひいてとんとんとんとん…

f:id:simp1eis6est:20160615105454j:image

 

そのあとは、タオルを濡らしてもう一度とんとんします。

そのときに内側のタオルは、必ずひっくり返すのがポイント。

クレンジングオイルで汚れを内側のタオルに移し、そのオイルをひっくり返した内側のタオルに再度移すイメージです。

f:id:simp1eis6est:20160615105507j:image

 

びちゃびちゃになりました。

服により色落ちや輪ジミができることがあるので、注意が必要ではあります。

化粧や食べ物など油汚れは、中性洗剤かクレンジングオイルでとんとんするのが一番です。

f:id:simp1eis6est:20160615105514j:image

 

 

 

いよいよ手洗い

本題の洗濯です。

手洗い場に水を溜めて備え付けのボディソープを溶かし、じゃぼん。

お湯では色落ちする場合があるので、必ず水でしましょう。

f:id:simp1eis6est:20160615105520j:image

 

泡をもみこむように洗ったら、一度水を流して溜め直します。

今度はすすぎのためにもみ洗い。

すすぎは2〜3度水が白くならなくなるまで行います。

そしてぎゅーっと脱水。

絞ると生地が傷むので、両手で押さえて水を出します。

f:id:simp1eis6est:20160615105524j:image

 

 

 

水気を取る

このままではびっちゃびちゃ、なのでできるだけ水を絞ります。

バスタオルに広げて…

f:id:simp1eis6est:20160615105538j:image

生地が全部包まれるように上下→左右と折りたたみます。

畳んだら、上からタオルをとんとん。

水気を移します。

 

f:id:simp1eis6est:20160615105541j:image

f:id:simp1eis6est:20160615105546j:image

細長くなるまで畳んだら、くるくると巻いて、体重をかけて最後の水気とり。

f:id:simp1eis6est:20160615105552j:image

 

この時点でバスタオルにここまで水分が移りました。

f:id:simp1eis6est:20160615105556j:image

あとは空調が一番当たる場所に干せば完了。

適度な水分が残っているので、重みでシワも無くなります。

f:id:simp1eis6est:20160615105600j:image

 

余談

洗濯が終わって、時刻は0時30分。

さぁシャワーを浴びようと思ったらバスタオルはすでにびっちゃびちゃ。

このために、速乾性が高いシュマグをバスタオル代わりに持ってきていました。

f:id:simp1eis6est:20160615105604j:image

初めて使いましたが、これは便利!

バスタオルとしても使えますし、朝には乾いていました。

難点は、何度洗っても色落ちが続くところ。

f:id:simp1eis6est:20160615105618j:image

シャツの水気取りをシュマグでしょうかと思いましたが、色移りが怖いので今回はやめました。

 

翌朝

目覚めたのは7時。

シャツはしっかり乾いていました。

f:id:simp1eis6est:20160615105624j:image

前身頃のシミ落としもバッチリです。

さすがに襟袖の黄ばみは取れないため、出張が終わればクリーニングに出します。

f:id:simp1eis6est:20160615105628j:image

 

着替えを持たないことで、荷物をミニマルに。

荷物の重さと心の軽さは、比例しているように感じます。